インフォメーション

2018年8月の神奈川全県模試をふりかえって《計画的な学習のすすめ》

 日に日にすずしくなり、過ごしやすい季節になりました。中学1年・中学2年のみなさんは、部活動や学校行事、クラス委員会活動などで忙しい中、毎日の学習を進めていることと思います。中学3年生のみなさんは、約5か月後に実施される高校入試に向け、中学校で学習した内容の総復習に少しづつ取りかかるとともに、定期テストに向けての学習を進めていることと思います。健康に注意して、がんばりましょう。

 8月に実施した神奈川全県模試では、知識の確認に重点を置きつつ、ところどころに応用的な問題を出題を出題しました。全体の平均点は、以下の通りです。

◇中学1年

英語
72.2点
数学
59.9点
国語
60.7点
合計
192.8点

◇中学2年

英語
59.4点
数学
50.9点
国語
59.7点
理科
47.2点
社会
55.7点
合計
272.9点
特色検査
29.6点

◇中学3年

英語
45.4点
数学
47.8点
国語
57.3点
理科
43.6点
社会
47.4点
合計
241.5点
特色検査
43.6点

 1問ごとの正答率から、正答率が低めのものを中心に、特徴的な問題について、出題内容や出題のねらい、求める力などを以下に記載いたします。是非、参考にしてください。

◇中学1年

①[英語]問2(ア)のNo.1〔リスニング〕
                正答率46% Good afternoon.の聞き取りと意味(リスニング力)
②[英語]問5(イ)〔書き換え〕正答率33% 下線部をたずねる疑問文を書く(文構成力)
③[数学]問1(カ)〔計算〕  正答率43% 文字を含む式で、わり算を2回行う(計算)
④[数学]問7(イ)〔空間図形〕正答率37% 三角柱の表面積を求める(図形処理)
⑤[国語]問1(エ)〔詩〕   正答率28% 詩を読み、適する鑑賞文を選ぶ(読解力)
⑥[国語]問3(キ)〔論説文〕 正答率27% 文章から適する部分を抜き出す(読解力)

①は、「グッラフトゥヌーン」と聞こえたと思います。Good afternoon. をふつうに読んだときの読み方なので、聞いてすぐに理解できるよう、CD付きの教材などでリスニングの訓練をしていきましょう。②、④、⑥は、類似の問題をいくつか解いて、このような出題に慣れていきましょう。③は、割り算の意味をこの機会にきちんととらえておきましょう(「わる数」はかけ算にすると分母になります)。⑤は、心情や情景を思いえがきながら読み、選択肢の内容を1つ1つ確認する訓練を積んでいきましょう。

◇中学2年

①[英語]問4(ウ)〔語順整序〕正答率14% 主語を修飾する語句を用いて文をつくる(文構成力)
②[英語]問7(カ)〔長文読解〕正答率37% 本文の内容と一致するものを選ぶ(読解力)
③[数学]問2(ウ)〔立式〕  正答率26% 過不足を含み、4個ずつ分ける式をつくる(数量処理)
④[数学]問4(イ)〔関数〕  正答率17% 座標上の3点を結んだ三角形の面積を求める(図形処理)
⑤[国語]問1(イ)のa
          〔漢字〕  正答率44% 「菜園」の「菜」を含む熟語を選ぶ(語句知識)
⑥[国語]問4(イ)〔資料文〕 正答率21% 指示に従って、2つの内容を含めて書く(作文力)
⑦[理科]問1(エ)〔圧力〕  正答率 9% 机が物体から受ける圧力を計算する(知識と計算力)
⑧[理科]問6(イ)〔地震計〕 正答率29% 地面のゆれ方を地震計にあてはめて考える(科学的思考)
⑨[社会]問1(イ)〔世界地理〕正答率33% 方位の正しい地図を選び、方位を考える(図の読解力)
⑩[社会]問4(ア)〔歴史〕  正答率28% 縄文・弥生時代ではないできごとを選ぶ(複合知識)
⑪[特色検査]問1(ア)のⅱ  正答率 4% 化学変化における酸素の質量の計算(読解力と作業力)
⑫[特色検査]問3(ア)のⅲ  正答率 2% 対角線の長さを、図を用いて説明する(数量処理)

①は、正しい英文を書き、声に出してみましょう。名詞を後ろから修飾する(後置修飾)感覚が少しずつわかるようになると思います。②、③、④、⑦は、類似の問題をいくつか解いて、このような出題に慣れていきましょう。⑤、⑧、⑩は、土台となる知識をきちんとつけていきましょう。地道な努力が必要ですが、これを積み重ねると、その効果は「得点力」となっていつか必ず現れます。⑥、⑫は、文章を書く力が必要です。文章に盛り込むポイントを2~3個にしぼり、ポイントごとの内容を精査して、全ポイントをつなぎ合わせて文章を作る作業を積み重ねていきましょう。⑨、⑪は、資料や文章から何がポイントになっているかを見抜き、それをあてはめる力が必要です。解説を参照しながら、どのように考えると正解が導けるのかを確認しておき、今後に備えるようにしましょう。

◇中学3年

①[英語]問3(ウ)〔適語選択〕正答率23% a lot ofは数えられない名詞につくことがある(知識)
②[英語]問7(イ)〔長文読解〕正答率16% クーポンの内容を理解し、一致するものを選ぶ(読解力)
③[数学]問3(イ)〔平均〕  正答率17% 10人の身長の平均を文字を使って表す(数量処理)
④[数学]問6(イ)〔空間図形〕正答率19% 4点を結んだ三角柱の体積を求める(図形処理)
⑤[国語]問2(エ)〔古文〕  正答率20% 本文の内容と一致するものを選ぶ(読解力)
⑥[国語]問4(イ)〔論説文〕 正答率20% 文中にあてはまる語句を本文中から抜き出す(読解力)
⑦[理科]問2(イ)〔蒸留〕  正答率23% 混合物を蒸留したときのグラフ(知識と思考力)
⑧[理科]問6(イ)〔血液循環〕正答率29% じん臓通過後の酸素と不要物の量(思考力と作文力)
⑨[社会]問2(カ)〔資料読解〕正答率29% 資料の内容に合致しているものを選ぶ(作業力)
⑩[社会]問3(ア)〔世界史〕 正答率23% ロー帝国についての説明と建造物を選ぶ(複合知識)
⑪[特色検査]問1(ウ)    正答率26% 1年間で1.32倍は、5年間で何倍か(数量処理)
⑫[特色検査]問2(ウ)のⅲ  正答率23% ある分数を2つの単位分数の和で表す(推察力と作業力)

①、⑦、⑩は、やや深い知識ですが、きちんと押さえておく必要があります。復習をしておきましょう。特に、⑩の世界史(世界の歴史)は、例年正答率が低い傾向にあります。日本史(日本の歴史)ほどの分量はないので、今のうちに復習しておきましょう。②、⑤、⑥、⑨は、それぞれ、読解力に加えて何らかの力を要求した問題です。②では長めの文章を読み込んで正誤判断を行う情報処理力を、⑤では本文に書かれている内容を1つずつ丁寧につき合わせて正誤判断をする作業力を、⑥では同じ内容が書かれている箇所を探し出す探索力を、⑨では選択肢の内容に従って丁寧に計算する計算力を、それぞれ要求しています。まずはこれらの問題を解き直し、正解するための道すじを自分なりに確認しておきましょう。③、④、⑪は、数量にかかわる処理力が求められています。特に、⑪では、「1.32を5回かける」ことと「1.32に5をかける」ことの違いを確認しておきましょう(「7」という誤答が比較的多く見られました。1.32×5=6.6→四捨五入して「7」としたものと思われます)。⑧は、血管中を流れる物質についての知識をもとに、思考して文章を書く力が必要であり、⑫は、未知の内容を理解して、ある法則を見出してきちんと作業をする力が必要である問題です。パターン化しづらい問題なので、どのように考えれば正解できるのかを考えることが、今後につながる訓練になります。しっかりと解き直しておきましょう。

 勉強を進めることと並行して、行きたい高校について考えましょう。中学3年のみなさんは行きたい高校を決定する時期なので、資料で確認したり、インターネットで調べたり、先輩の話を聞いたりしたうえで、学校見学を欠かさず行い、自分の目と耳を信じて行きたい高校を決めましょう。そして、その高校に合格するため、各教科であとどのくらいの得点が必要なのか、その得点をとるためには毎日どのくらいの学習を進めていく必要があるのかを、大ざっぱでもいいので決定し、実行していきましょう。中学1年・中学2年のみなさんも、興味をもった学校についてはインターネットで調べたりして、可能な限りその学校に足を運んで、行きたい高校のイメージをつかんでいくようにしましょう。将来、何をやりたいのかを考え、そのための学校選びから始めるのもよいと思います。

 いずれにしても、自主的に、積極的に行動していきましょう。自分自身の意志にもとづいた行動は、必ず自分
自身への自信につながっていきます。がんばりましょう。

「模試制作室より」一覧