特色検査対策模試

特色検査対策模試

神奈川全県模試では、神奈川県の新しい入試制度に対応した【特色検査対策模試】を神奈川全県模試と同時開催し、来春公立難関校で実施される教科横断型記述問題に挑戦する受験生を強力にサポートします。

さらに、【特色検査対策教材】(販売中)との併用により事前に傾向や対策をつかみ、【特色検査対策模試】で実践を積まれることをお勧めします!

■記述式特色検査を実施する高校■

横浜翠嵐高校・希望ヶ丘高校・柏陽高校・横浜緑ヶ丘高校・横須賀高校・湘南高校・平塚江南高校・厚木高校・横浜サイエンスフロンティア高校
※2018年度入試より小田原高校の特色検査対策模試は実施いたしません。

特色検査対策模試受検前のおすすめ学習法

特色検査では、各教科の知識を生かした総合的な思考力と正確さ、スピードが問われます。
このような問題に対しては、日頃から新聞やニュースで教科知識を超えた世の中の動きに関心を持ち、簡単に内容や自分の考えをまとめるようにしましょう。
また、多くの問題に触れて模範解答と自分の答案を照らし合わせ、不足している視点やポイントとなる単語を確認していくことも大切です。
その際には、神奈川県の特色検査を研究して作成されている「特色検査対策模試」のバックナンバーや「特色検査対策教材」を使って学習することをお勧めします。
また「特色検査対策教材」は、別途添削も承りますので併せてご利用いただけます。

さて、今日までに皆さんが身につけた知識や経験を、問題を解く際に上手に活用してゆく力は一朝一夕ではつきにくいものですが、解いた問題の量に応じて必ずコツがつかめてきますので、一つずつ着実に進めていきましょう。
最初は、時間がオーバーしても構いません。慣れてきたら時間を計って時間内に答案を仕上げてみましょう。

さあ、特色検査対策模試に挑戦です!!

特色検査対策模試

実施日
全県模試と同日(全7回)
時 間
15:20〜16:10(50分)
会 場
神奈川全県模試の会場と同じ会場で、全県模試終了後続けて受験となります。
出題形式等各高校から発表された出題例や過去2回の入試の各校の出題傾向を汲んだ、教科横断型の記述問題の大問2〜3題
試験時間50分(100点満点)
受験料2,000円(税抜)
受験資格同日に実施する神奈川全県模試の受験申込があり、なおかつ上記の記述式特色検査を実施する高校の受験を志望している生徒。(特色検査対策模試のみのご参加はできません。)
結果・個別診断表等採点済答案(添削付)・志望校別順位(3校まで)・全県模試結果との総合判定・小問別チャート等をご返却いたします。
お申込み方法お電話〔お申し込み専用フリーダイヤル 0120-4164−09(ヨイモシゼンケン)
もしくは、インターネット

特色検査対策教材

販売開始
好評発売中
出題形式等公立難関校で実施される記述型の特色検査に適した教科横断型の記述式問題を全2問(各回50分)テスト形式の冊子でご用意いたしました。
実施方法ご自宅にて、時間を計って行っていただきます。
添削について教材には、詳しい解答解説集がございますが、弊社採点スタッフによる添削をご希望のお客様には添削サービスがございます。
※添削には別途料金(1,500円(税抜))がかかります。詳細は問題に同封されているご案内でご確認ください。
教材費1,800円(税抜)
お申込み方法お電話〔お申し込み専用フリーダイヤル 0120-4164−09(ヨイモシゼンケン)
もしくはインターネット

神奈川全県模試

ネットサポートサービス ご利用はこちら 模擬を見直してここを頑張れ!模試結果より